ホーム > 新着記事 >

ロボホン認定開発パートナーが30社に! ロボホン認定開発パートナーイベントが開催されました

ロボホン認定開発パートナーが30社に! ロボホン認定開発パートナーイベントが開催されました

1月27日(金)、ロボホンの認定開発パートナーオフ会がロボットスタートのオフィスで開催されました。

ロボホン認定トレーナーを有する企業の担当者約20社が集結し、開催された今回のイベント。認定開発パートナーの現在の状況の説明や、証書・専用ロボホンウェア(耳)の贈呈式などが行われました。



ロボホンパートナーが30社に

シャープ株式会社 IoT通信事業本部 コミュニケーションロボット事業部商品企画部 課長 景井美帆さんからご挨拶


ロボホンの認定パートナーが30社に到達しました!



集まった皆様に証書と専用ロボホンウェア(耳)がプレゼントされました。



皆様おめでとうございます!



ロボホンの導入事例紹介

続いて景井さんからロボホンの導入事例の紹介です。



倉敷観光コンベンションビューローさんでは、ロボホンが観光案内を行なっています。

ロボホンはサイズがコンパクトなため、持ち運びしやすく、観光案内を現地に出向いて行なってくれるため、とても評価が高いそうです。



バルコムモータース広島さんでは、車に関する案内をロボホンが担当。こちらもサイズの小ささを生かして、車のダッシュボードの上からお客さんに案内しています。車に乗っている状態でロボホンから説明を受けたら、可愛くてつい購入も検討しちゃいそうですね。



羽田エアポートエンタープライズさんでは、年末年始の繁忙期にロボホンを活用。羽田空港国内線ターミナルの3店舗で商品説明を行なったようです。忙しい中ロボホンが働いてくれたことで、お客さんはもちろん従業員にも癒しを与えてくれたとのことです。



乃村工藝社さんでは、ビーコン利用によるコーヒーのお届け実証実験を行いました。オフィス内でもロボホンは活躍しそうですね。



明治座さんでは、ロボホンが日本初の「人の耳には聞こえない透かし音(非可聴音)」を用いたコミュニケ―ションロボットによる外国語ガイドサービスを訪日外国人観光客向けに行なっています。外国人観光客が多い場所で、ロボットが案内すると外国の方々も喜びそうです。



このように、日々増えているロボホンの事例は今後ロボホンのページの中でご紹介されていくようです。皆様チェックしましょう!



ロボホンのSDKのアップデート情報


続いて、シャープの技術担当者である川畑さんからロボホンSDKの今後のアップデートの紹介です。大きく3つのアップデートが発表されました。


シャープ株式会社 IoT通信事業本部 コミュニケーションロボット事業部 ソフト開発部 技師 川畑英司氏


SDKのアップデートにより、顔認識機能をアプリケーションの中に組み込むことができるようになります。ロボホンが顔をみて、目の前の人が誰かを判断し返すことができるようになるため、個人のユーザーさんがもっと楽しめるアプリが登場しそうです。



2つ目がカメラ機能。人を指定しての撮影が可能になるため、こちらもアプリの幅が広がりそうです。



さらに、ロボホンのダンスをアプリ内で使えるようになります。こちらは特にイベントで活躍しそうですね。

ロボホンが開発しやすくなることにより、ロボホンのアプリがもっともっと充実していきそうです。

懇親会ではロボホン撮影会も


最後に懇親会。みなさんお酒を片手に交流を楽しんでいました。



みなさんが一生懸命撮影しているのは、



ロボホンケーキ!



そして、ロボホンの撮影会も行われました! みなさん、自分のロボットが可愛く映るように撮影をしていて、まるで子供たちの撮影会を見ているようでした。


最後にみんなで記念撮影。ロボホンポーズをしています。

交流会も非常に盛り上がり、今後のロボホンの展開がますます楽しみになりました!