ホーム > 新着記事 >

Parrot製、X型のスタイルが特徴的な小型ドローン「Swing」レビューvol.1「借りちゃった!」

Parrot製、X型のスタイルが特徴的な小型ドローン「Swing」レビューvol.1「借りちゃった!」

今回ドロスタで紹介するドローンはちょっと見た目が変わったドローン。フランスParrot社のSwingです。

このドローンはもちろん、ドローン規制対象外200g未満。さらになんと水平飛行可能で、速度30km/h、距離60mで制御可能、30万画素カメラ内蔵というハイスペックで個性的なものです。

•超音波センサー(クアッド·モードで高度4mより下を測定)
•水平安定化カメラ·センサー
• 550mAh LiPoバッテリー
•クアッド·モードで7分間、プレーン·モードで8.3分間の自動飛行

このParrot Swingは、本体++Flypadと呼ばれるコントローラーが付属するセットが販売中で、気になるお値段は現在、Amazonで17,982円とお手頃価格です。今回もParrot社からお借りしちゃいました。買えよって話ですよね。はい、すいません。そして感謝です!(^-^;)


Photo: Parrot

まず形が凄いです。前方から見るとX型です。


Photo: Amazon – 海洋堂 / スター・ウォーズ リボルテック X-Wing

これは、スター・ウォーズ・シリーズに登場する戦闘機、Xウィング(X-Wing)に似てますね。4枚の主翼という意味では同じ設計思想と言えます。そして、Swingという名前もなんとなく似ていますね。

ちなみにXウィングの正式な機種名は「インコム社製T-65B Xウィング・スペース・スペリオリティ・ファイター」っていうらしいですよ。そして、映画の中ではXウィングは、主翼の角度が変わります。

一方、Swingの主翼の角度は固定です。主翼の両辺にステーがついています。

垂直離着陸ができる初めての飛行機型Minidrone Swingは従来のMinidroneで培った強力なオートホバリング機能・堅牢な構造はそのままに、機体をチルトさせ、高速で飛行する事が可能なスリルのある感覚が味わえます。

機体のX形は航空学の設計の成果であり、これによって、Parrot Swing がドローンとして唯一水平にあるいは垂直に飛ぶことを可能にしています。

このドローンは飛行機に手軽に変形させることができ、これまでの市場にはなかった30km/hでの高速飛行を行う事も可能です。

一休みしたいときはこのドローンはクアッドモードへのスイッチで簡単にホバリングさせることができます。

Parrot Swingは屋内でも屋外でも飛ばすことができ、同梱のParrot Flypad コントローラー、あるいはお客様のスマートフォンあるいはタブレットで容易に操縦できます。

Parrot Swingは、最先端技術のセンサーとソフトウェアで、市場にある中で最も安定したクアッドコプター機および飛行機の1つです。

公式の説明です。以下のイメージを見るとわかりやすいです。


Photo: Parrot

Swingが他のドローンと違うのは機体をチルトして、水平に飛べること。だからこそ、通常のドローンに比べて高速飛行可能になっています。これはまるで飛行機のようですね。この状態を「プレーンモード」と呼びます。


Photo: Parrot

もちろん垂直にも飛べます。この状態は「クアッドモード」と呼びます。


Photo: Parrot

そして、これがセットに付属するFlypadというコントローラー。このコントローラー無しでスマートフォン+専用アプリで操縦することはもちろん可能ですが、物理的なコントローラーを使う方が、精度の高い、直感的な操縦が可能になるそうです。そしてコントローラー上部にスマートフォンをセットすれば、液晶画面上でバッテリー残量や飛行可能時間を確認できたり、操縦セッティングを変えることができるのも魅力です。

なおこのコントローラーは単品でも販売されており、Amazonで5,378円です。

公式動画を見ると早く飛ばしてみたくなります。

僕はこう思った:
次回、開封の儀へ! 外部リンク
Parrot / Parrot Swing

Parrot / Parrot Flypad

amazon / Parrot Swing単体+Flypad付属

amazon / Parrot Flypad