ホーム > 新着記事 >

「ロボット & IoTガジェット」って儲かるの?に行ってきた

「ロボット & IoTガジェット」って儲かるの?に行ってきた

「○○って儲かるの?」シリーズの、「ロボット & IoTガジェット」って儲かるの?に行ってきました!

「○○って儲かるの?」はBar androidと辰巳出版がお送りするテックトークライブです。毎回旬なテーマを取り上げて、それが儲かるかどうか?という観点からゲストと一緒に考えていきます。

とのことです。

会場は、下北沢駅南口を出て右手のみずほ銀行の横の階段を上がって3階の「Bar android」です。
※ドリンク等は2階の「Blue Monday」で受け取ります。

初めの登壇は、Microsoft MVP for Kinect for Windows 中村薫さん。
KINECT関連の書籍を沢山出していらっしゃいます。
主にROS (Robot Operating System)の導入事例などをお話されていました。

続いての登壇は、V-Sidoでおなじみ、アスラテックのロボットエバンジェリスト 今井大介さん。

V-Sidoは、ココロさんのアクトロイドなどにも採用されているそうです。

ROSとV-Sido OSという、どちらもOSと名の付くソフトですが、その違いのご説明がありました。
V-Sidoはハードウェアの制御、ROSはすべてのことができる。なので、例えばV-sidoはROSのモジュールとしても動かすことができる。

ということだそうです。

展示では、V-Sidoロボットや、画面を触れる系(KINECT)などなどありました。

一つのソースを書けば、V-Sidoの入っている全てのロボットに対応が可能です。例えばトランスフォームするプログラムをアクトロイドで走らせれば、アクトロイドが無理やりトランスフォームしようとするんですよ。

というのが面白かったです。

儲かるの?というタイトルではありますが、技術寄りなアプローチが多かったです。

ロボットは儲かるかの肝は”数”が出ないといけないという結論でした。
新しもの好きなandroidギークな方たちが目をキラキラ輝かせているのが印象的でした。